象牙

高級な印鑑を作りたいという方であれば一番のおすすめは象牙と呼ばれる素材です。この象牙の高級感は他の素材では絶対に出すことのできない高級感でオリジナル性が高く、他の人と同じような印鑑は嫌だという方には非常におすすめです。象牙で使用する色は少し黄色がかった白で、使えば使うだけ艶と深みが出てくる素材で、この使えば使うだけ味が出てくるという点が高級感がある素材として象牙が確立している一つの理由と言えるでしょう。

そしてそんな象牙の一番の特徴は捺印性が他の素材と比べて群を抜いて綺麗なことです。その理由として象牙の印鑑に朱肉を付けた際、そのツキの良さ抜群に優れており、印鑑を押す際の滑りやすさもない為、印影がとても綺麗なのです。また、印鑑を持ったときの手触りが絶妙でかつ馴染みやすい素材ですので、言葉ではうまく言い表せないですが、実際に使用した人にしか分からないようなくせになる印鑑なのです。

捺印性以外のところで言えば、やはり耐久性です。その他の素材も耐久性はあるもののなかなか一生使うことは難しいですが、象牙は丁寧に使用することで一生ものの印鑑になる場合が多く、1本2万円前後する高級品ですが、その点を考えると決して高くはない商品になりますので、長い目を見てこの象牙を使用した印鑑を作成するのも悪くないと言えるでしょう。

琥珀

これから印鑑を作成しようと考えている女性の方。女性の方に人気の印鑑の素材をご存知でしょうか。女性に人気な素材はいくつかありますが、その中でも人気な素材は琥珀といった素材です。この琥珀について今回はみなさんにご紹介させていただきます。

琥珀の見た目は非常に美しく、太陽を結晶にしたようなイメージの見た目で女性に非常に人気があります。そして太陽のイメージがあることからとても温かみのある印鑑になりますので、女性が持つことで非常に優しい印象となります。また、女性に人気の理由として、この琥珀という素材はパワーストーンとしても広く知られていて、開運効果もあります。琥珀の開運効果はコミュニケーションを円滑にする効果があると言われていて、琥珀を持つことで仕事運や人気運、加えて金運もアップすると言われていますので、印鑑を使用しないときにでもその効果を実感することができるでしょう。

そして、気になるお値段ですが、琥珀と言うと少し高いイメージを持たれる方もいるかもしれませんが、平均相場としては7000円前後。リーズナブルな彩樺という素材は4000円前後ですので、彩樺と比べれば少々高いですが、見た目や開運効果などを鑑みればこのお値段は非常に魅力的なお値段と言えるのではないでしょうか。女性の方はぜひ琥珀を検討してみて下さい。

黒水牛

これから印鑑を購入しようとしている男性の方。どんな印鑑が人気かをご存知でしょうか。男性に人気な素材は黒水牛と呼ばれる素材です。今回はこの黒水牛という素材についてみなさんにご紹介させていただきます。この黒水牛の特徴は大きく分けて3つ。その3つとは見た目と耐久性、そして印影の綺麗さです。

まず見た目の特徴ですが、この黒水牛は名前の通り、黒が特徴的で高級感に溢れた漆黒の色をしていますので、男性がこの印鑑を持つと非常に美しいです。

次の耐久性ですが、印鑑を作成する上でこの耐久性は非常に重要です。いくらデザインが良くても金額が安くても長く使用することになる印鑑ですから耐久性がない印鑑ですと、やはり使い物になりません。その点、黒水牛は耐久性に優れている印鑑ですので、問題なく長い期間使用することができます。ただし、黒水牛の主成分はタンパク質でできている為、乾燥や虫食いには十分に注意しなくてはいけません。その為、印鑑を購入するだけでなく、必ずケースも購入して使用しないときには必ずケースで保管するようにして下さい。

そして最後の印影の綺麗さですが、黒水牛は朱肉のツキが非常に良くその分、印影が非常に綺麗に写すことができます。このような点が黒水牛が男性に人気の理由ですので、ぜひ黒水牛の印鑑を検討してみて下さい。

印鑑の素材

印鑑を購入する際に悩む点と言えば、やはり素材です。印鑑は買い替えることがほぼないと思いますので、どうせ購入するのであれば素材にはこだわりたいものです。そんな印鑑で使用する素材ですが、これから購入する方はどんな素材があるかを意外と知らないものです。今回は印鑑で使用する素材についてどのような素材があるのかをみなさんにご紹介させていただき、これから購入する方の少しでもの参考になれれば幸いです。

印鑑の素材は非常に多くある為、全てをご紹介するのはなかなか難しいですが、そこまでお金をかけたくないが、高品質な印鑑が欲しいというわがままな人におすすめなのが、黒水牛もしくは彩樺です。この2点に共通して言えるのが非常にリーズナブルな金額であるとともに見た目も非常にお洒落な点です。平均的な値段になってしまいますが、共に4000円から5000円程度の値段設定となっていますのでリーズナブルさが魅力でしょう。

もちろんリーズナブルでおしゃれな印鑑というだけではありません。耐久性や綺麗な印影が出せるという特性を持っていますので、実印や銀行印など非常に重要性が高い印鑑として十分に利用できる素材ですので、初めて印鑑を作成する人で何を選べば良いか分からないという方は迷わずこのどちらかの素材を選ばれることを強くおすすめします。

この他の素材を挙げるとすれば、チタンや象牙といった素材が挙げられます。しかし、この二つの素材は、前述した黒水牛や彩樺という素材よりも金額的には高くなってしまい、金額面を重視する方であればそこまで品質に差はありませんので、やはり黒水牛もしくは彩樺を選ばれると良いでしょう。