印鑑の素材

印鑑を購入する際に悩む点と言えば、やはり素材です。印鑑は買い替えることがほぼないと思いますので、どうせ購入するのであれば素材にはこだわりたいものです。そんな印鑑で使用する素材ですが、これから購入する方はどんな素材があるかを意外と知らないものです。今回は印鑑で使用する素材についてどのような素材があるのかをみなさんにご紹介させていただき、これから購入する方の少しでもの参考になれれば幸いです。

印鑑の素材は非常に多くある為、全てをご紹介するのはなかなか難しいですが、そこまでお金をかけたくないが、高品質な印鑑が欲しいというわがままな人におすすめなのが、黒水牛もしくは彩樺です。この2点に共通して言えるのが非常にリーズナブルな金額であるとともに見た目も非常にお洒落な点です。平均的な値段になってしまいますが、共に4000円から5000円程度の値段設定となっていますのでリーズナブルさが魅力でしょう。

もちろんリーズナブルでおしゃれな印鑑というだけではありません。耐久性や綺麗な印影が出せるという特性を持っていますので、実印や銀行印など非常に重要性が高い印鑑として十分に利用できる素材ですので、初めて印鑑を作成する人で何を選べば良いか分からないという方は迷わずこのどちらかの素材を選ばれることを強くおすすめします。

この他の素材を挙げるとすれば、チタンや象牙といった素材が挙げられます。しかし、この二つの素材は、前述した黒水牛や彩樺という素材よりも金額的には高くなってしまい、金額面を重視する方であればそこまで品質に差はありませんので、やはり黒水牛もしくは彩樺を選ばれると良いでしょう。